エリアマップ

長崎・西彼・西海エリア 諫早・大村・島原エリア 東彼・佐世保・平戸・松浦エリア 対馬・壱岐・五島・宇久・小値エリア スィーツ 一覧表示

長崎・西彼・西海エリア

地元産伊勢エビ天丼

(長崎市野母崎地区)

毎年8月上旬~9月末まで「伊勢エビまつり」を開催。飲食店では、伊勢エビを丸ごと1匹使った天丼をはじめ、さまざまな伊勢エビ料理が堪能できる。脇岬北港の活魚センターでは、毎年多くの人で賑わっている。


蚊焼の炙り棒鮨

(長崎市蚊焼町)

地魚を使い、魚を炙る事で生臭さを抑えた風味豊かな棒鮨。毎朝、近海で水揚げされる規格外の小魚を活用し、試行錯誤を重ねてつくりあげた逸品。にぎりとはひと味違った風味を楽しめる。


生からすみ丼

(長崎市野母崎樺島町)

野母崎樺島町は「からすみ」発祥の地。製造過程でできる「生からすみ」は希少で高価。この「生からすみ」をふんだんに使った丼は製造元でしか食べられない幻の逸品である。11月~3月までの期間限定である。



夕陽の軍艦島カレー

(長崎市野母町)

緑が戻ってきた現在の軍艦島をごはんで表現し、カレーにはトマトとエビの旨みが詰まっており、評判も上々である。茜色に染まる海をカレーに見立てた。この「夕日が沈む軍艦島」はこの地でしか見ることができない。


戸石の
「長崎ふく」三昧

(長崎市戸石町)

長崎県はトラフグの養殖生産量日本一。本県産のトラフグは、食用のフグの中でも特に人気が高く、弾力のある身とさっぱりとした味わいが特徴である。800g以上のものは「長崎ふく」として全国各地へ出荷される。


戸石はも御膳

(長崎市戸石町)

たちばな漁協(戸石)のハモの漁獲高が高いのは有名である。地元料理店と協力してハモを安く美味しく食べてもらうお祭りを展開中。



小海老のおどり喰い

(長崎市茂木町)

橘湾を望む茂木の料亭では、活きた小海老のおどりが料理を一段を演出し引きたてる。地元で捕れた小海老はザッコエビと呼ばれ、体調4~5cm程。遠方からわざわざ足を運ぶお客様も多い。


ド・ロさまそうめん

(長崎市外海地区)

明治時代、フランス人宣教師ド・ロ神父が、外海の人々の生活を向上させるために、そうめんづくりの技術を伝えた。その製法を生かした無添加麺は、手延べのコシの強さ、落花生油の風味が特徴。そうめんの他にもうどんやパスタもあり、外海地区の代表的な特産品である。


ごんあじ料理

(長崎市三重地区)

五島灘に棲息する瀬付きのマアジで、腹部の黄金いろからその名が付けられた「ごんあじ」。長崎ブランドとして1995年、全国に向けて出荷。新長崎漁港で水揚げされる高級魚として、各料亭や料理屋でコース料理やごんあじ丼として出される。



琴海寿司

(長崎市琴海地区)

琴海地区は大村藩に属していたが、戦国時代に大村氏の軍勢が勝利した際、領民が兵に差し出した歓迎の料理が起源と言われている。もろぶたという木の箱に酢飯をしいて、その上に出汁で煮たゴボウやシイタケ・魚のそぼろ・カマボコ・錦糸卵等を順に重ねて作る押し寿司。


五島灘丼(さいかい丼シリーズ)

(西海市崎戸町)

さいかい丼フェアで人気の五島灘丼が1年中食べられる。五島灘で育まれた魚介類をはじめ旬な食材と揚げ物がてんこ盛り。※さいかい丼フェア:地元でとれた海・山の幸の丼を提供する、春と秋に開催される。


うに漬けするめ

(西海市崎戸町)

漁師町のかくれた逸品。漁師が考え商品化してから約40年。ウニを1年ほどねかし、味と色に旨味と深みを加え、その練りウニとスルメを和える。大人はもちろん子供にも人気がある。



諫早・大村・島原エリア

やきとり

(諫早市多良見町)

多良見町は、何と全国屈指の「やきとりのまち」である。喜々津駅の近くにもやきとり屋が多く、連日、サラリーマン達で賑わっている。やきとり屋のはしごをする人たちもかなりいるとか。


たいらガネ

(雲仙市国見町)

島原半島では、古くからワタリガニ(ガザミ)を「たいらガネ」として親しんできた。プリプリした食感と濃厚な味を1年中堪能できる。「たいらガネ振興会」でPR中!お店等のバラエティに富んだメニューと味付けが楽しめる。


じゃがちゃん

(雲仙市千々石町)

千々石特産のじゃがいもを丸ごと蒸して、秘伝の衣で包んで軽く揚げたもの。千々石観光には欠かせない大人気商品。1串2個つきで販売されている。目の前で揚げるので、いつでも熱々を食べることができるからうれしい。



小浜ちゃんぽん

(雲仙市小浜町)

大正時代には既に長崎茂木港からの湯治客が、この地でちゃんぽんを食べていたといわれている。特徴は①麺は長くて極太②スープはあっさり③地元の海産物や野菜がたっぷり。自宅用も商品化されている。


寅まっちゃん
コロッケ

(雲仙市南串山町)

お肉屋さん自慢のコロッケ。地元で育ったジャガイモと地元で育った豚肉を使用している事がもちろんおいしさの理由。親しみやすいネーミングも食欲と好奇心をそそる。


がまだすちゃんぽん

(雲仙市吾妻町)

雲仙の清らかな伏流水と肥沃な大地で育った野菜をたっぷり使った「ちゃんぽん」。厳選された豚骨と鶏骨を使った完全自家製秘伝のスープは、素材のもつ味を一段とひきたてている。天然のスープにこだわり続けている。



生のり佃煮

(雲仙市吾妻町)

有明海産の寿司のり用の原料を使い、手作り商品で日持ちもよくごはんにもよく合う。あまのりには、良質のタンパク質・ミネラル・ビタミン・食物繊維が含まれていて、健康面からみてもおすすめの1品である。


美人豆腐

(雲仙市吾妻町)

こだわり大豆と本にがりを使用して作った「ざる寄せ豆腐」。口あたりがまろやかなのが特徴。「あの食感が忘れられない」「クセになる旨さ」「こんな豆腐食べた事がない」等、お客様の評判も上々である。


揚げかまぼこ・
五味八珍

(雲仙市吾妻町)

「五味八珍」とは?古代中国の書の中に「味付けの基本は、甘、酸、苦、辛、鹹(かん)(※塩辛い)の五味」と「最高峰のご馳走を表す八珍」からきている。1995年には、第26回長崎県特産品新作展で最優秀賞を受賞。



有明味付き
ジンギスカン

(島原市有明町)

独自のタレで食べる、臭みのないジンギスカン料理。手ごろな価格で入手できるマトン肉を独自のタレに漬け込んで野菜やチャンポン麺とからめて焼く。ジンギスカン丼やジンギスカンコロッケ等のメニューもある。


いぎりす

(南島原市内)

島原や熊本の天草地方に伝わる郷土料理。「いぎす草」という海草を、米のぬか汁や大豆のゆで汁等で煮て溶かし、その中にニンジンや魚、落花生等の具を練り込み羊羹状に固めたもの。「いぎす」が訛って「いぎりす」になったといわれている。


そうめん鉢料理

(南島原市内)

特産品「島原手延そうめん」を使った美しい色味のそうめん料理。キリシタン文化の象徴である「花クルス」柄の波佐見焼の器に盛りつけてある。和食・中華・韓国風・イタリアン等、各店オリジナルのそうめん料理が楽しめる。



六兵衛

(南島原市深江町)

約220年前の雲仙普賢岳災害の際、住民を飢饉から救うために深江村の明主「六兵衛さん」が考案した料理。サツマイモの粉に山イモを加えて作ったもの。サツマイモの甘みがほんのり広がるヘルシーで懐かしい味わい。


ひょっつる
(わかめ麺)

(南島原市南有馬町)

南有馬特産の「ワカメ」の葉だけで作ったノンカロリーの自然食品。南有馬町は県内のワカメ消費量の70%以上を占める優良な産地。そのまま食べるもよし、アレンジ料理にするのもよし。


ひろすかまぼこ

(南島原市内)

魚肉と大豆タンパクの栄養満点の豆腐かまぼこ。飛龍頭(ひりょうず)に似ている事からその名が付いたとされる。白身魚に豆腐を混ぜる事で、カマボコ本来のプリプリ感に柔らかさをプラス。大豆のまろやかな香りが上品な逸品である。



東彼・佐世保・平戸・松浦エリア

くじらカツ丼

(東彼杵郡東彼杵町)

歴史ある長崎の伝統的な鯨食文化は、今も県内各地で受け継がれている。東彼杵の名物である鯨を、若い人にもっと親しんでもらおうと、「丼」に仕上げた。長崎の自慢の味をぜひ堪能してほしい。


特製揚げサンド

(佐世保市世知原町)

パンに具材の手作りサラダを挟み込み、特別な油でカラッと揚げる。昭和の頃から世知原ではおなじみの味で、地元はもちろん、市内外や県外のお客さんからも愛され続けているロングセラー料理。


やまめ料理

(佐世保市世知原町)

清流のほとり、癒しの空間の中で食べるヤマメは格別!雄大な国見連山の麓、佐々川の源流で育ったヤマメを自然の中で楽しむ事ができる。マスコミにも度々取り上げられ、お客様は市内外から多数訪れており、リピーターも多い。



鯨料理

(平戸市生月町)

江戸時代中期から鯨と関わりがある平戸市生月町。今でもジリジリ鍋(くじら鍋)や刺身など、いろいろな鯨料理が各料理店で食べることができる。ぜひ、「生月(いきつき)」へ来て・見て・食べてみんね。


魚島来めし

(松浦市鷹島町)

新鮮な地元の魚がたっぷり乗った海鮮丼。地元の漁師たちが船上や港で食べていた「おとこやま」という食事を参考に作られた料理。名前からは島の魚を食べに来て、という熱いメッセージも感じられる。


鷹島とらふぐ会席

(松浦市鷹島町)

鷹島町は、養殖トラフグ日本一の生産量を誇る。又潮の流れが良くきれいな海域での生産であるため品質においても日本一である。その高級トラフグが年間を通して味わえるのはうれしい。



海老御膳

(松浦市福島町)

東京の築地市場で評判の高い、地元で生産された車海老。もっと多くの方に気軽に食べてもらおうと、「2004年度創作郷土料理事業」で開発された、車海老をふんだんに使った会席料理である。



対馬・壱岐・五島・宇久・小値賀エリア

とんちゃん

(対馬市上対馬町)

国境の島対馬で在日韓国人の人々が食べていた、タレに漬け込んでいたホルモンを、日本人向けに豚肉に変え、秘伝のタレに漬け込んで食べる焼き肉。第2回九州ご当地グルメコンテンスト優勝賞品。


あなごつみれ鍋

(対馬市上対馬町)

対馬さんの天然アナゴを使ったつみれは、風味と食感が良く、鰹節・コンブでとったオリジナルだしとの相性も抜群、食べる人の心も満たしてくれる一品。「第40回長崎県特産品新作展」の最優秀賞を受賞。


いり焼き

(対馬市内)

地鳥またはメジナ・ブリなどの魚と、たっぷりの野菜を具材とした郷土料理。味付けは地域や家庭で異なり、冠婚葬祭や各種行事等の際によく振る舞われる。海の幸や山の幸の旨みが出た頃合に入れて食べる対州そばは最高!



石焼き

(対馬市内)

新鮮な魚介類を、熱した石英斑岩の上で焼いて食べる郷土料理。熱い石が発する遠赤外線が食材を内部からふっくらと焼き上げ、季節の旬の魚介類や野菜などの素材の味を100%楽しむことができる。


マグロもつ鍋

(対馬市)

対馬で養殖されているクロマグロ「トロの華」の内臓を使ったもつ鍋。商工会が地域資源の活用を目的に開発したもの。あっさりとしたダシは風味があり、かなりしっかりとした歯ごたえの内臓の食感も楽しめる。


壱岐牛

(壱岐市)

壱岐の自然と農家の愛情で育てられた黒毛和牛。肉質の評判は高く、子牛競りでは、高値で競り落とされている。古くは、京都御所車を牽引する牛として活躍した歴史がある。焼き具合はお好みでどうぞ。



ひきとおし

(壱岐市)

地鶏・ソーメン・豆腐・ネギ・シイタケ・白菜・ゴボウ等、一般家庭にある素材を活用した料理。昔から伝わる料理で、突然の来客があった場合でも手早く料理ができもてなす事ができる。


生うに丼

(壱岐市)

玄界灘に浮かぶ壱岐の島は、魚介類の宝庫。海女(あま)・海士(あま)が海底より採り、殻を割り丹念に取り出した生殖巣である。生ウニは、イカ刺身ソーメンと和えて醤油を落とせば絶妙。


ハコフグのみそ焼き

(五島市内)

愛嬌のある、おちょぼ口で角ばった体の魚。一見美味しそうには見えないが、味噌を詰めてじっくりと焼き、味噌と身、内臓を箸でかき混ぜて食べる自慢の郷土料理である。酒のつまみとして絶品。上五島でも食べることができる。



すり身揚げ

(五島市)

奈留町では今でもすり身揚げを自家製でつくる姿が見られる。ふんわり、しこしことした食感で、新鮮なアジの旨みがぎゅーっと詰まった味わいで、長崎県人にとっては最も親しみのある料理の1つだ。お取り寄せも可。


五島手延うどん

(南松浦郡新上五島町)

かつて流通量の少なさから「幻のうどん」と呼ばれ、上五島産の高品質な椿油を使う事により独特の風味を引き出す。特産のアゴでとったアゴダシでつけて食べる「地獄炊き」等、豊かな自然と伝統に磨かれた自慢の特産品。


くじらの刺身

(南松浦郡新上五島町)

有川地区の捕鯨は、1598年が始まりといわれている。捕鯨最盛期の元禄期には、毎年30~80等の水揚げがあったとか。昔から冠婚葬祭の酒の肴やおかずとして、一般家庭の食卓にも出される。



紀寿司

(南松浦郡新上五島町)

アジの姿寿司。約400年前、現在の和歌山県広川町から行商や魚を追い求めてやって来た人々が、そのまま奈良尾に住み着いた。ふる里を偲んで紀州名産「なれ寿司」を作り食べていたという。それが少しずつ広まってきたものである。


レンコ鯛の南蛮漬け

(佐世保市宇久町)

「レンコ鯛」は、神の魚として祭り・祝い事には欠かす事ができない。南蛮漬けは、「レンコ鯛」をカリカリに揚げ、地元の野菜と一緒に甘酢に漬け込む。自然解凍の後、レンジ1分で出来上がり。


すぼかまぼこ

(南松浦郡小値賀町)

近海で獲れたアジと卵白で作った「蒸しかまぼこ」。防腐剤、添加物は一切使用していない。「すぼ」とは、かまぼこを巻いた藁茎の事。全て手作りのため、地元でも即売してしまうほどの人気商品。



かつおの生節

(南松浦郡小値賀町)

五島近海で水揚げされた「ハガツオ」を1本1本手作業で3枚におろし、熱湯で茹でる。味付けは一切せず、桜等(5~6種類の木)で薫製したもの。いろいろな料理に大活躍で、そのままで食べても美味しい。