エリアマップ

長崎・西彼・西海エリア 諫早・大村・島原エリア 東彼・佐世保・平戸・松浦エリア 対馬・壱岐・五島・宇久・小値エリア スィーツ 一覧表示

対馬・壱岐・五島・宇久・小値賀エリア

とんちゃん

(対馬市上対馬町)

国境の島対馬で在日韓国人の人々が食べていた、タレに漬け込んでいたホルモンを、日本人向けに豚肉に変え、秘伝のタレに漬け込んで食べる焼き肉。第2回九州ご当地グルメコンテンスト優勝賞品。


あなごつみれ鍋

(対馬市上対馬町)

対馬さんの天然アナゴを使ったつみれは、風味と食感が良く、鰹節・コンブでとったオリジナルだしとの相性も抜群、食べる人の心も満たしてくれる一品。「第40回長崎県特産品新作展」の最優秀賞を受賞。


いり焼き

(対馬市内)

地鳥またはメジナ・ブリなどの魚と、たっぷりの野菜を具材とした郷土料理。味付けは地域や家庭で異なり、冠婚葬祭や各種行事等の際によく振る舞われる。海の幸や山の幸の旨みが出た頃合に入れて食べる対州そばは最高!



石焼き

(対馬市内)

新鮮な魚介類を、熱した石英斑岩の上で焼いて食べる郷土料理。熱い石が発する遠赤外線が食材を内部からふっくらと焼き上げ、季節の旬の魚介類や野菜などの素材の味を100%楽しむことができる。


マグロもつ鍋

(対馬市)

対馬で養殖されているクロマグロ「トロの華」の内臓を使ったもつ鍋。商工会が地域資源の活用を目的に開発したもの。あっさりとしたダシは風味があり、かなりしっかりとした歯ごたえの内臓の食感も楽しめる。


壱岐牛

(壱岐市)

壱岐の自然と農家の愛情で育てられた黒毛和牛。肉質の評判は高く、子牛競りでは、高値で競り落とされている。古くは、京都御所車を牽引する牛として活躍した歴史がある。焼き具合はお好みでどうぞ。



ひきとおし

(壱岐市)

地鶏・ソーメン・豆腐・ネギ・シイタケ・白菜・ゴボウ等、一般家庭にある素材を活用した料理。昔から伝わる料理で、突然の来客があった場合でも手早く料理ができもてなす事ができる。


生うに丼

(壱岐市)

玄界灘に浮かぶ壱岐の島は、魚介類の宝庫。海女(あま)・海士(あま)が海底より採り、殻を割り丹念に取り出した生殖巣である。生ウニは、イカ刺身ソーメンと和えて醤油を落とせば絶妙。


ハコフグのみそ焼き

(五島市内)

愛嬌のある、おちょぼ口で角ばった体の魚。一見美味しそうには見えないが、味噌を詰めてじっくりと焼き、味噌と身、内臓を箸でかき混ぜて食べる自慢の郷土料理である。酒のつまみとして絶品。上五島でも食べることができる。



すり身揚げ

(五島市)

奈留町では今でもすり身揚げを自家製でつくる姿が見られる。ふんわり、しこしことした食感で、新鮮なアジの旨みがぎゅーっと詰まった味わいで、長崎県人にとっては最も親しみのある料理の1つだ。お取り寄せも可。


五島手延うどん

(南松浦郡新上五島町)

かつて流通量の少なさから「幻のうどん」と呼ばれ、上五島産の高品質な椿油を使う事により独特の風味を引き出す。特産のアゴでとったアゴダシでつけて食べる「地獄炊き」等、豊かな自然と伝統に磨かれた自慢の特産品。


くじらの刺身

(南松浦郡新上五島町)

有川地区の捕鯨は、1598年が始まりといわれている。捕鯨最盛期の元禄期には、毎年30~80等の水揚げがあったとか。昔から冠婚葬祭の酒の肴やおかずとして、一般家庭の食卓にも出される。



紀寿司

(南松浦郡新上五島町)

アジの姿寿司。約400年前、現在の和歌山県広川町から行商や魚を追い求めてやって来た人々が、そのまま奈良尾に住み着いた。ふる里を偲んで紀州名産「なれ寿司」を作り食べていたという。それが少しずつ広まってきたものである。


レンコ鯛の南蛮漬け

(佐世保市宇久町)

「レンコ鯛」は、神の魚として祭り・祝い事には欠かす事ができない。南蛮漬けは、「レンコ鯛」をカリカリに揚げ、地元の野菜と一緒に甘酢に漬け込む。自然解凍の後、レンジ1分で出来上がり。


すぼかまぼこ

(南松浦郡小値賀町)

近海で獲れたアジと卵白で作った「蒸しかまぼこ」。防腐剤、添加物は一切使用していない。「すぼ」とは、かまぼこを巻いた藁茎の事。全て手作りのため、地元でも即売してしまうほどの人気商品。



かつおの生節

(南松浦郡小値賀町)

五島近海で水揚げされた「ハガツオ」を1本1本手作業で3枚におろし、熱湯で茹でる。味付けは一切せず、桜等(5~6種類の木)で薫製したもの。いろいろな料理に大活躍で、そのままで食べても美味しい。