エリアマップ

長崎・西彼・西海エリア 諫早・大村・島原エリア 東彼・佐世保・平戸・松浦エリア 対馬・壱岐・五島・宇久・小値エリア スィーツ 一覧表示

東彼・佐世保・平戸・松浦エリア

くじらカツ丼

(東彼杵郡東彼杵町)

歴史ある長崎の伝統的な鯨食文化は、今も県内各地で受け継がれている。東彼杵の名物である鯨を、若い人にもっと親しんでもらおうと、「丼」に仕上げた。長崎の自慢の味をぜひ堪能してほしい。


特製揚げサンド

(佐世保市世知原町)

パンに具材の手作りサラダを挟み込み、特別な油でカラッと揚げる。昭和の頃から世知原ではおなじみの味で、地元はもちろん、市内外や県外のお客さんからも愛され続けているロングセラー料理。


やまめ料理

(佐世保市世知原町)

清流のほとり、癒しの空間の中で食べるヤマメは格別!雄大な国見連山の麓、佐々川の源流で育ったヤマメを自然の中で楽しむ事ができる。マスコミにも度々取り上げられ、お客様は市内外から多数訪れており、リピーターも多い。



鯨料理

(平戸市生月町)

江戸時代中期から鯨と関わりがある平戸市生月町。今でもジリジリ鍋(くじら鍋)や刺身など、いろいろな鯨料理が各料理店で食べることができる。ぜひ、「生月(いきつき)」へ来て・見て・食べてみんね。


魚島来めし

(松浦市鷹島町)

新鮮な地元の魚がたっぷり乗った海鮮丼。地元の漁師たちが船上や港で食べていた「おとこやま」という食事を参考に作られた料理。名前からは島の魚を食べに来て、という熱いメッセージも感じられる。


鷹島とらふぐ会席

(松浦市鷹島町)

鷹島町は、養殖トラフグ日本一の生産量を誇る。又潮の流れが良くきれいな海域での生産であるため品質においても日本一である。その高級トラフグが年間を通して味わえるのはうれしい。



海老御膳

(松浦市福島町)

東京の築地市場で評判の高い、地元で生産された車海老。もっと多くの方に気軽に食べてもらおうと、「2004年度創作郷土料理事業」で開発された、車海老をふんだんに使った会席料理である。