エリアマップ

長崎・西彼・西海エリア 諫早・大村・島原エリア 東彼・佐世保・平戸・松浦エリア 対馬・壱岐・五島・宇久・小値エリア スィーツ 一覧表示

諫早・大村・島原エリア

やきとり

(諫早市多良見町)

多良見町は、何と全国屈指の「やきとりのまち」である。喜々津駅の近くにもやきとり屋が多く、連日、サラリーマン達で賑わっている。やきとり屋のはしごをする人たちもかなりいるとか。


たいらガネ

(雲仙市国見町)

島原半島では、古くからワタリガニ(ガザミ)を「たいらガネ」として親しんできた。プリプリした食感と濃厚な味を1年中堪能できる。「たいらガネ振興会」でPR中!お店等のバラエティに富んだメニューと味付けが楽しめる。


じゃがちゃん

(雲仙市千々石町)

千々石特産のじゃがいもを丸ごと蒸して、秘伝の衣で包んで軽く揚げたもの。千々石観光には欠かせない大人気商品。1串2個つきで販売されている。目の前で揚げるので、いつでも熱々を食べることができるからうれしい。



小浜ちゃんぽん

(雲仙市小浜町)

大正時代には既に長崎茂木港からの湯治客が、この地でちゃんぽんを食べていたといわれている。特徴は①麺は長くて極太②スープはあっさり③地元の海産物や野菜がたっぷり。自宅用も商品化されている。


寅まっちゃん
コロッケ

(雲仙市南串山町)

お肉屋さん自慢のコロッケ。地元で育ったジャガイモと地元で育った豚肉を使用している事がもちろんおいしさの理由。親しみやすいネーミングも食欲と好奇心をそそる。


がまだすちゃんぽん

(雲仙市吾妻町)

雲仙の清らかな伏流水と肥沃な大地で育った野菜をたっぷり使った「ちゃんぽん」。厳選された豚骨と鶏骨を使った完全自家製秘伝のスープは、素材のもつ味を一段とひきたてている。天然のスープにこだわり続けている。



生のり佃煮

(雲仙市吾妻町)

有明海産の寿司のり用の原料を使い、手作り商品で日持ちもよくごはんにもよく合う。あまのりには、良質のタンパク質・ミネラル・ビタミン・食物繊維が含まれていて、健康面からみてもおすすめの1品である。


美人豆腐

(雲仙市吾妻町)

こだわり大豆と本にがりを使用して作った「ざる寄せ豆腐」。口あたりがまろやかなのが特徴。「あの食感が忘れられない」「クセになる旨さ」「こんな豆腐食べた事がない」等、お客様の評判も上々である。


揚げかまぼこ・
五味八珍

(雲仙市吾妻町)

「五味八珍」とは?古代中国の書の中に「味付けの基本は、甘、酸、苦、辛、鹹(かん)(※塩辛い)の五味」と「最高峰のご馳走を表す八珍」からきている。1995年には、第26回長崎県特産品新作展で最優秀賞を受賞。



有明味付き
ジンギスカン

(島原市有明町)

独自のタレで食べる、臭みのないジンギスカン料理。手ごろな価格で入手できるマトン肉を独自のタレに漬け込んで野菜やチャンポン麺とからめて焼く。ジンギスカン丼やジンギスカンコロッケ等のメニューもある。


いぎりす

(南島原市内)

島原や熊本の天草地方に伝わる郷土料理。「いぎす草」という海草を、米のぬか汁や大豆のゆで汁等で煮て溶かし、その中にニンジンや魚、落花生等の具を練り込み羊羹状に固めたもの。「いぎす」が訛って「いぎりす」になったといわれている。


そうめん鉢料理

(南島原市内)

特産品「島原手延そうめん」を使った美しい色味のそうめん料理。キリシタン文化の象徴である「花クルス」柄の波佐見焼の器に盛りつけてある。和食・中華・韓国風・イタリアン等、各店オリジナルのそうめん料理が楽しめる。



六兵衛

(南島原市深江町)

約220年前の雲仙普賢岳災害の際、住民を飢饉から救うために深江村の明主「六兵衛さん」が考案した料理。サツマイモの粉に山イモを加えて作ったもの。サツマイモの甘みがほんのり広がるヘルシーで懐かしい味わい。


ひょっつる
(わかめ麺)

(南島原市南有馬町)

南有馬特産の「ワカメ」の葉だけで作ったノンカロリーの自然食品。南有馬町は県内のワカメ消費量の70%以上を占める優良な産地。そのまま食べるもよし、アレンジ料理にするのもよし。


ひろすかまぼこ

(南島原市内)

魚肉と大豆タンパクの栄養満点の豆腐かまぼこ。飛龍頭(ひりょうず)に似ている事からその名が付いたとされる。白身魚に豆腐を混ぜる事で、カマボコ本来のプリプリ感に柔らかさをプラス。大豆のまろやかな香りが上品な逸品である。