エリアマップ

長崎・西彼・西海エリア 諫早・大村・島原エリア 東彼・佐世保・平戸・松浦エリア 対馬・壱岐・五島・宇久・小値エリア スィーツ 一覧表示

スィーツ

時津まんじゅう

(西彼杵郡時津町)

時津と言えば「まんじゅう」と多くの人が答えるほどよく知られた名物である。百数十年の伝統があり、皮とこしあんのバランスが絶妙で、出来たてのまんじゅうは、ふわふわほかほかとしていて格別な美味しさ。


甘古呂餅

(西海市崎戸町)

長崎で生産される良質の甘藷(サツマイモ)を薄く輪切りにし、湯がいて天日に干し、餅と一緒につき合わせたのが、「かんころもち」だ。自然豊かな長崎の里の味として愛されている。紫イモ、ヨモギ風味もある。


雲丹かすてら

(西海市崎戸町)

日本でも早くからポルトガルとの交易で栄えた西海市。そのポルトガル伝来のカステラは、当時庶民の口には滅多に入らない貴重品だった。そこで新鮮な白身魚や卵を加え焼き上げた「雲丹かすてら」が誕生したという。



雲仙じゃが
モンブラン

(雲仙市吾妻町)

雲仙市小浜町山畑の農家が育てたジャガイモを、贅沢なクリームにしました。阿蘇山脈の特選フレッシュバターを用い、口の中でふわりと溶ける、その食感を味わってほしいもの。見た目もやさしくかわいいお花みたいなお菓子である。


長崎抹茶ロール

(雲仙市吾妻町)

「はなまるマーケット」で紹介された「長崎抹茶ロール」。ほろ苦い抹茶味のスポンジ生地に、良質の大納言小豆入り。程良い甘さの生クリームがクルリと包まれたふわふわのケーキである。ひとつひとつ丁寧に作られた自信作。


雲仙小浜湯せんぺい

(雲仙市小浜町)

湯の町ならではの伝統的お菓子で、島原藩主・松平公が考案したと言われる銘菓。さくっと軽い食感が人気で、当時から変わらない素朴な味が楽しめる。焼くときに型からはみ出た「みみ」の部分も隠れた人気商品。



じゃがブラン

(雲仙市南串山町)

雲仙市のだんだん畑で採れた特産品ジャガイモを使ったケーキ。テレビ・ラジオ・雑誌等、各メディアでも話題のスィーツで、甘すぎないジャガイモの風味を楽しめる。贈りものやお土産の定番ともなっている。


バナナ菓子

(雲仙市吾妻町)

誰もが一度は食べた事があるバナナ菓子。スポンジ生地と中の白あんの組み合わせはお茶請けにぴったり。買いやすい値段と、昔から変わらない味で、いろいろな年代の人たちに親しまれている。


長崎銘菓クルス

(雲仙市小浜町)

キリシタンの地長崎の銘菓として40有余年親しまれてきた。香ばしい薄焼きせんべいにジンジャーの香りのホワイトチョコレートがサンドされている。パリッと軽い歯ごたえが楽しめる伝統的なお菓子。



牛乳豆腐

(東彼杵郡川棚町)

割烹店の人気デザートを商品化。新鮮な牛乳と、わらび粉・葛(くず)だけでじっくり練り込んだ。黒ゴマ・抹茶他、5つの優しい味で人気上昇中!!トロリとした食感は、ついもう1つと手が伸びそう。


茶ちゃ焼

(東彼杵郡東彼杵町)

東彼杵町の看板ともいえる売れっ子スイーツ。茶葉の形の香ばしい回転焼きである。そのぎ茶を贅沢に練り込んだ白あん(抹茶あん)がなんとも美味しい。子供から年配まで年令問わずファンが多い。


そのぎ茶まんじゅう

(東彼杵郡東彼杵町)

そのぎ茶の中でも上級茶葉を粉末にして、生地とあんこに贅沢に練り込んだまんじゅうである。お茶の風味が広がり甘さ控えめ。もちろん食べ応えも十分。直径約8cm、重さ約60gは満足のいくもの。



そのぎ茶ソフト

(東彼杵郡東彼杵町)

そのぎ茶を贅沢に使ったソフトクリーム。濃厚でコクがあり、ひと口食べただけで、お茶本来の香りが口全体に広がる。見た目も美しい抹茶色でいかにも美味しそう。


ふみきり饅頭

(北松浦郡佐々町)

50年程前、国鉄踏切のそばで創業したのが名前の由来。こしがある生地で包んだ自家製あんは、甘さ控えめの懐かしい味と評判。10種類の自然草がバランスよく配合されたお茶の「十宝茶」も人気だ。


佐世保ガレット

(佐世保市小佐々町)

長崎県の特産品である「小佐々のいりこ」「世知原のお茶」「吉井のいちご」を生地に練り込み、又はトッピングして作ったガレット。身体にやさしい太陽卵と高級マーガリンを使用した、香り豊かなバニラ風味のクッキーだ。



茶もなか

(佐世保市世知原町)

緑茶ならではの深い味わいが自慢。世知原は長崎を代表する御茶所。その選りすぐりの緑茶を餡に練り込んで作った。全国菓子大博覧会「名誉金賞」受賞。


あごクッキー

(平戸市生月町)

平戸を代表する海産物「あご(トビウオ)」をお菓子にできないかと、試行錯誤して商品化されたクッキー。防腐剤などの添加物は一切含んでいない。海の香りとほのかな甘さが絶妙なハーモニーとなっている。


かんころ餅

(五島市内)

冬場の保存食や正月用の食品として、各家庭で作られていたかんころ餅。現在は長崎県の特産品として欠かせないもの。特に五島で作られたものは、サツマイモ本来のやさしい甘みと旨みが味わえる。