エリアマップ

長崎・西彼・西海エリア 諫早・大村・島原エリア 東彼・佐世保・平戸・松浦エリア 対馬・壱岐・五島・宇久・小値エリア パワースポット 一覧表示

長崎・西彼・西海エリア

軍艦島(端島)と
田ノ子島

(長崎市野母崎地区)

大潮には田ノ子島と対岸をつなぐ道ができる。この道を恋人と渡ると恋が成就するというジンクスもある。一方かつては栄華を誇っていた軍艦島。現在は産業遺産となっている。この2つの島の対比が紺碧の海と空に映えて美しい。


馬込教会

(長崎市伊王島町)

伊王島港の左手に見えるゴシック式の白亜の教会。禁教令下の1871年に信徒が小聖堂を建てた。その後1890年に煉瓦造り教会堂ができるが、自然災害にて修復不可能となる。1931に建てたものが現在の形。近年ではテレビドラマのロケ地としても有名。


三菱重工業香焼工場の百万トンドック

(長崎市香焼町)

明治以降、石炭業・造船業で栄えた三菱重工業。その造船が基幹産業となっている香焼町には、世界最大級の「100万トンドック」がある。ここでは30万トン級の船舶を3隻同時に建造でき、その設備は巨大で威容を誇る。



旧本田家住宅

(長崎市古賀町)

旧大村藩領古賀村に遺存する、長崎県内でも最古の農家住宅の1つと考えられている。建築年代は正確には分かっていないものの、本田家は1764~71年には定住していたため、それよりも古いと推定されている。


蛍の郷

(長崎市琴海戸根町他)

琴海地区には県民の森一帯を源とする清流が多く、そのほとんどの川で蛍を見ることができる。蛍と自然がもたらす神秘的な世界は美しい。戸根川では、毎年5月下旬に「ほたるの夕べ」が開催され、訪れる人の目を楽しませている。


角力灘の落日

(長崎市外海地区)

見渡す限りの角力灘が広がる国道202号選は、車窓から望む落陽の素晴らしさから「サンセットオーシャン202」とよばれている。夕暮れ時は夕日で真っ赤に染まり、美しい眺望を楽しめる。



そとめ神浦川
河川公園

(長崎市外海地区)

平成2年度に環境庁が行なった水質調査で「日本一の清流」の1つに選定された神浦川。この清流にはアユやテナガエビが生息しており、人と自然が触れ合えるゆとりの水辺空間として整備されている。


中尾城公園

(西彼杵郡長与町)

JR長与駅近く。町民に親しまれているこの公園は四季折々の花に囲まれ、遊戯スペースや学びの場もある。長与の町を一望でき、春には600本の桜が咲き誇る。子供達にはスリル満点「スパイラルスライダー」というらせん状の滑り台が人気。


堂崎鼻

(西彼杵郡長与町)

長崎の景勝地として名高い長与町の堂崎鼻はリアス式の海岸で、ごつごつした岩肌と真っ青な大村湾が穏やかななコントラストを見せている。又、沖に浮かぶ長崎空港を発着する飛行機と青い空も、自然の風景とも相まって爽快な気分にさせてくれる。



松島の海

(西海市大瀬戸町)

松島から望む風景はとても眺めがよく、解放感にあふれている。最近では、地球温暖化の影響によって水温が上がり、熱帯魚の姿も見うけられるようになった。風情のある豊かな自然が一番ぜいたくであると実感。